2017年09月09日

カルカッシ25のエチュード Op.60-13 ギターソロ タブ譜と楽譜



DLmarketで購入DLmarketで購入

PDFファイル A4:5ページ
 タブ譜付き楽譜:3ページ
 タブ譜なし楽譜:2ページ

 参考演奏動画:2:36

クラシックギターを学ぶステップとして、カルカッシの作品60、「25のエチュード集」より第13番

 カンパネラ奏法の練習−−−
「高いポジションの音(曲中では2弦、3弦、4弦のハイポジション)」と「開放弦の音(曲中では主に1弦)」を細かく織り交ぜ、
開放弦の残響音(共鳴音)を、高音部で奏でるメロディーに重ねて響かせる。音が次々と重なってきらびやかに華麗に響き、鐘の音色のように聴こえるところから、カンパネラ(イタリア語で「鐘」)奏法という名前が付けられています。

 主役のメロディーは低音(pの指で弾く)、2弦の副旋律が所々で顔を出していますから、意識して練習してください。
 スムーズに繋がるように、力を抜いてポジション移動!
 
 ご注意:結構、大げさに表情をつけてあります。あくまでも一つの練習としての演奏です。これが絶対に正しいというものではありません!

演奏は千葉県流山市、松戸市のギター教室 「夢弦の会ギタースクール」 のテキスト付属CDより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。