2018年01月25日

エンターティナー The Entertainer / Scott Joplin ギターアンサンブル 楽譜(総譜とパート譜)



DLmarketで購入DLmarketで購入
*記事投稿の2−4日後に販売ページリンクが有効となります
(MIDI音源によるコンピューターミュージックとフリー素材写真、ギターアンサンブルのステージ写真等 ---)

pdfファイル、A4サイズ、計16ページ
 総譜スコア: 4ページ
  パート譜:12ページ(アルト1、アルト2、プライム、バス、コンバス&ギタロン、チェンバロ)各2ページ

参考動画時間:4:40

 ラグタイムの有名な、作曲、演奏家、スコット・ジョプリンの代表曲「エンターティナー」1973年の映画『スティング』のテーマ曲として知られています。

合奏用ギター使用のギターアンサンブル
 Alto 1(アルトギター1)ハイポジションを使います。メロディーですので、覚えてしまえば楽しく弾けるパート。
 Alto 2(アルトギター2)ローポジションとハイポジション半々くらい。メロディーにハーモニーを付けたり、リズムを刻んだり。リズムの取りづらいところも多いです。
 Prim(プライムギターパート)、伴奏パートです。ラグタイム、リズムの要です。楽譜は、音符的には4拍子で書かれていますが、2拍子、「ズン、チャッ」のリズム、低音の「ズン」を腹筋に力を入れてしっかりと、「チャッ」の和音は慌てて弾かずに、ちょっと待ってから軽く!
 Bass(バスギター)、単純に低音でリズムを刻んでいる部分と、メロディーを低音で被せているところ、リズムを刻むところ、結構難易度が高いです。
 C.B.&Gr(コントラバス&ギタロン)、基本的には低音でリズムを刻んでいます。一部、アドリブソロのようにベースラインが動いているところあり、低音パートの聴かせどころです。
 Cem(チェンバロ)、プライムパートの補助的にリズムを刻むのが主。所々でアルトのメロディーに被せて演奏しています。
 軽快なリズムを刻んでください。演奏時間も長く、レベルは中上級クラス。

 --- 参考演奏はゆっくりめのテンポ、レベルに合わせてテンポアップしてください ---


指導している、 ギターアンサンブル「フリーダム」 用にギターアンサンブルの楽譜を製作しています。
一緒にギターを、音楽を楽しむ仲間はいつでも募集中!

合奏楽譜、見本演奏の製作は
千葉県流山市、松戸市のギター教室
 「夢弦の会ギタースクール」
その他のダウンロード購入できる ソロ曲、合奏曲の一覧 は以下をご覧ください(無料ダウンロードできるギターソロのタブ譜もアリ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。