2018年02月10日

威風堂々/エルガー ギターアンサンブル 合奏用ギター使用 総譜とパート譜



DLmarketで購入DLmarketで購入

*記事投稿の2−4日後に販売ページリンクが有効となります
(参考動画はMIDI音源によるコンピューターミュージックとフリー素材写真、ギターアンサンブルのステージ写真等 )

PDFファイル A4:19ページ
 総譜スコア: 7ページ
  パート譜:12ページ(アルト1、アルト2、プライム、バス、コンバス&ギタロン、チェンバロ)

 参考演奏動画:7:58

サー・エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar 1857 - 1934)、イングランドの作曲家の有名な曲の一つ「威風堂々」全6曲中の第1番、合奏用ギター使用のギターアンサンブル。

 けっこう難易度は高い? 序奏の部分、早いパッセージがあり、練習が必要、中間部のよく知られているメロディー部分は易しいので気持ちよく弾けると思います。
 アルトギター1、チェンバロに、たまに高いポジション17フレットまで出てきたりします。左肩をネックよりに近づけ、左手の親指はネックから離して、よいフォームを作って押さえてください。
 C.B.&Gr(コントラバス&ギタロン)、基本的には低音でリズムを刻んでいますが、結構早いパッセージが出てきたり、高い音を使う箇所もあります。「 div 」(ディビジ)パートを分けて弾く、上のメロディーをギタロン、下をコントラバスギターをイメージして作ってありますが、技量に合わせて、下のメロディーだけでもOKです。
 参考演奏は、ゆっくりめのテンポにしてあります。演奏者の技量に合わせてテンポアップや表情をつけて演奏してください。

指導している、 ギターアンサンブル「フリーダム」 用にギターアンサンブルの楽譜を製作しています。ホームページもご覧ください。
一緒にギターを、音楽を楽しむ仲間はいつでも募集中!

合奏楽譜、見本演奏の製作は
千葉県流山市、松戸市のギター教室
  「夢弦の会ギタースクール」
その他のダウンロード購入できるソロ曲、合奏曲の一覧は以下をご覧ください(無料ダウンロードできるギターソロのタブ譜もアリ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。